常盤工業株式会社 本社住宅部

新着情報 資料請求・お問い合せ

staff

営業

飯島 健夫

TAKEO IIJIMA

PROFILE
入社年
1995年入社
出身地
浜松市
保有資格
宅地建物取引士・木造建築士
趣味・特技
釣り、晩酌、旅行

家づくりをオールラウンドにサポート。

常盤工業に入社する前は、サッシ販売の会社に勤めていました。ところが、次第に仕事に物足りなさを感じるようになり、お客様と直接接してオリジナルの住宅をつくる仕事がしたいと思い、当社に転職しました。現在は営業を担当していますが、設計や現場管理の仕事の経験もあるので、家づくりをオールラウンドにサポートできるのが自分の強みです。

聞き上手であること。

普段お客様と接する時は、ご家族の皆様の話をよく聞くこと、そして、造り手側の固定観念を押し付けないことに留意しています。特に大切なのは、様々な会話を通して、ご本人すら気づかない要望までも汲みとることですね。だから、住宅の営業マンは「聞き上手」であることが不可欠だと思います。そして、理想通りの家が完成した時のご家族の嬉しそうな表情を見ると、この仕事を選んでよかったと心底やりがいを感じます。

相談相手として、末永く。

常盤工業は1949年創業の歴史ある会社で、地域の方々との信頼関係を何よりも重んじています。そのため、「常盤工業に任せておけば安心だから」と新築を依頼して下さるお客様も大勢いらっしゃいます。ですから、自分たちはそれに恥じない仕事をしなければならないし、地域に根づいた企業として義理人情も大切にすべきだと思いますね。自分が担当した家のことはいつまで経っても忘れないし、車で通りかかるだけでもすぐに目に留まります。設備に不具合はないか、快適に生活できているかが気になって、お宅に顔を出すこともあります。それに、年月が経っても何かあるとすぐ自分のところに電話をかけてくるお施主様がいるというのは、とてもありがたいことです。お施主様にとって、いつでも、いつまでも気軽に相談できる存在であり続けたいですね。

施主としての経験を
生かして。

実は私も自分の家を自社で建てたのですが、その時の施主としての経験が仕事面で大いにプラスになっています。特にメンテナンス面など、実際に住んでいるからこそ気づくことも多いです。造り手としての経験と、住まい手としての経験の両方を生かせるようになってから、より中身の濃いご提案ができるようになった気がします。これからもフルオーダーの家づくりを通してお客様の理想の家をなんとしてでも実現してさしあげたい。そして、家をつくる喜びをお客様と一緒に体験していきたいと思います。

What kind of person?

飯島さんってどんな人?

話をしてみて下さい!話さなければわからない良さがあります。
【中野さんより】

TOPへ