常盤工業株式会社 本社住宅部

新着情報 資料請求・お問い合せ

staff

設計士

袴田 禎之

SADAYUKI HAKAMATA

PROFILE
入社年
1999年入社
出身地
浜松市
保有資格
二級建築士
趣味・特技
魚釣り、自転車

家は人生の拠点です。

家を建てることは人生で一番大きな買い物と言われています。時間とお金がかかる分、期待も高まることでしょう。そんな家に対して僕は、暮らしの拠点であり人生の拠点であるべきだと思っております。われわれの造る家で健やかに生活を楽しんでもらいたい。そんな思いで日々設計をしております。
「キッチンが明るく使いやすいので、主人が料理を手伝ってくれるようになった。」「カッコイイ家ができたから、息子が自慢げに友達を連れてくる。」「家族やときには友人も誘って、家でバーベキューをする機会が増えた。」こんな声を聴けたときは、僕も自分のことのようにうれしく思いました。

直接お話を伺い潜在的な要求を探す。

常盤工業に入社し多くの家の設計に携わってきましたが、そのほとんどはお客様と直接打合せを行い、意見を聞いてまいりました。そうすることでお客様の表情や話のニュアンスも伝わり、活字では伝わらない微妙なところをより正確に知ることができるのです。また打ち合わせが堅苦しくならないよう、雑談も多く織り交ぜるようにしていますが、雑談の中には言葉で正確に言い表せない潜在的な要求が存在するのです。
お客様と打合せを行い、何気ない会話の中からもそれらの要求を探し当てることで、費用、性能、デザインのバランスが整ったプランを実現することができると思っております。

お客様の理想を確認するための現場打合せ。

現場は設計図通りに作業が進められるのですが、設計図の内容がお客様の理想をすべて反映しているとは限りません。十分に打合せを行っていても、現場を見てイメージが変わることはしばしばあります。その誤差はどの現場でも起こりうることであり、その誤差をできるだけ少なくすることがお客様満足度の高さにつながるものと思っております。お客様と現場を一緒に確認することでその誤差を発見し、可能な限り調整する。その作業が理想の家をつくるためには欠かせないものなのです。

趣味は新しい発想の糧となる?

プライベートではフィッシングとサイクリングが趣味で、休日はどちらかを楽しんでいます。フィッシングは浜名湖、遠州浜、御前崎。サイクリングは浜名湖一周、くんま坂登り、年一回の二泊三日のしまなみ海道遠征など。これらは仕事と直接関係ないようにみえても、設計で凝り固まった頭をリフレッシュする効果?があり、趣味を通じて得た体験や小さな出来事のひとつひとつが家づくりに生かされている!…気がします。家は生活のすべてに密着しているので、趣味を通じて得た経験が、新たな発想につなげていけるといいですね。

What kind of person?

袴田さんってどんな人?

一見、とっつきにくい外見ですが、話してみると話をよく聞いてくれて、的確なアドバイスをくれる人。
プランを考えさせたらこの人にかなう人はなかなかいない。
【飯島さんより】

TOPへ