常盤工業株式会社 本社住宅部

新着情報 資料請求・お問い合せ

staff

庶務・情報化推進

石黒 順子

JUNKO ISHIGURO

PROFILE
入社年
1999年入社
出身地
福岡市
趣味
ショッピング

縁の下の力持ちとして家づくりをサポート。

私は、本社住宅部で庶務と情報化推進の仕事をしています。情報化推進とは、働き方改革の一環としてタブレットなどのITツールの利用促進を図る仕事です。事務方なので直接お客様と関わる機会は少ないですが、ユーザー管理やメンテナンスにおける事務処理など、縁の下の力持ちとしてお客様の家づくりと入居後の暮らしをサポートしています。私たちの職場は在職期間の長い社員が多いせいか、アットホームで明るい雰囲気が特徴です。住宅部のスタッフはみんな真面目で、一生懸命仕事に取り組んでいます。「常盤工業」自体、堅実な会社というイメージが定着しているようですが、常に「そこまでやるのか…」というくらいお施主様のことを考えて行動している姿には本当に感心させられます。

お客様との小さな関わりを大切に。

私自身は現場で仕事をする機会はほとんどありませんが、お客様邸が完成すると毎回スタッフ全員で見学に行くので、どのお宅も拝見したことがあります。家を見学すると、どんな周辺環境で、誰が現場監督で、お施主様がどんな家族構成かということなどが自然と頭に入ります。ですから、お施主様からお電話がかかってきた際に、「お住まいは○○町で、担当者は○○ですね」と即座にお応えし、喜んで頂けることがあります。そんなとき、私もチームの一員としてみんなと一緒に家づくりに携わっているんだなと実感できます。

スタッフの「お母さん」役として。

実際の業務では設計士や現場監督の補佐的な仕事をすることも多いので、みんなが仕事をよりスムーズに進められるように、いつもプラスαの心配りを心がけています。ずっと事務所にいるので、連絡事項を伝えたり、スタッフ間の意思の疎通を図ったり、大変そうな時には声をかけて場を和ませたりするのも私の重要な役割です。そう、まさにスタッフの「お母さん」役を務めている感じですね。

「帰りたくなる家」をご提供したい。

実生活では現在主人と二人暮らしで、休日にはストレス発散にショッピングを楽しんだり、部屋の掃除を二人がかりでやったりしています。そんな時、主人と「帰りたいと思える家があるのって、幸せなことだね」と話すことがよくあります。「いい家」の条件はいろいろあるでしょうけれど、私は「帰りたくなる家」が一番だと思います。だから、お客様にも「帰りたくなる家」をぜひ実現して頂きたいですね。

What kind of person?

石黒さんってどんな人?

松田聖子が大好きで笑いに貪欲な、常盤工業のアラフォーアイドル。
【栗田さんより】

TOPへ