常盤工業株式会社 本社住宅部

新着情報 ブログ 資料請求・お問い合せ

voice

2018.3.5

土地の傾斜を生かした インナーガレージと スキップフロアのLDK。 これぞ完全自由設計の家。

リビングからガラス越しに見えるインナーガレージのポルシェ。スタイリッシュなスキップフロアのLDK。Мさんのご新居は全体がまるで1つのオブジェのようにおしゃれで個性的な建物だ。傾斜のある土地の高低差を生かしてプランされた空間は上下に広がりを感じ、実際の延床面積よりもはるかに大きく見える。まさに造り手の設計力と自由な発想が見事に発揮された傑作といえるだろう。常盤工業とは土地探しの頃からのお付き合いというМさんご夫妻は、「希望を伝えるとすぐ図面に反映してくれるスピーディな対応と、予算などを気遣って常に建て主の立場から物事を考えてくれる誠意のこもった家づくりに感激しました。」と満足そうに語る。 
 地下のインナーガレージから玄関へ。玄関から吹き抜けのリビングへ。リビングから階段を7段上がってスキップフロアのダイニングキッチンへ。そこからさらに回廊式の階段を上がると、寝室と子ども部屋スペースに至る。全体の空間が「壁」ではなく「高低差」によってゾーン分けされているので、圧迫感が無く、しかも機能的。また、窓位置も工夫されているので日中は室内全体に柔らかな陽がそそぎ、風通しもよい。さらに、冬にはダイニングに設置した蓄熱式暖房1台で家中がぽかぽかと暖かく、四季を通じて快適だ。
 ご主人のたっての希望で設けたというインナーガレージはシャッターをリモコンで操作でき使い勝手も非常に便利。リビングからガレージを眺めると、まるで愛車をショーケースに入れて大切に飾ってあるかのように見える。「今は車のほかに気に入った小物や絵を飾って自分の隠れ家的に楽しんでいますが、いずれは息子と一緒に絵を描くアトリエやダンススタジオ、あるいはピアノルームにしてもいいな…と考えています。」と、ご主人の夢は尽きない。休日には家族一緒に家でのんびり過ごすことが多いという仲睦まじいМさんご一家。数年後、インナーガレージがどのような変化を遂げているか楽しみだ。
 

新築の計画当初に希望していた「南欧の海辺の家」のイメージを加味したシンプルな外観。1階の右側がインナーガレージ。奥の壁は鏡張りになっている。

インナーガレージは冷暖房完備で室内も明るく、居室としても多目的に利用できる。ご友人達とここで立食パーティを開いたこともあるそう。

建物に合わせてエクステリアのデザインにもこだわった。白い砂浜をイメージした円形のタイル面がアーチ型のポーチとマッチして優しい雰囲気を醸し出している。

リビングから眺めるインナーガレージはまるで愛車がショーケースに納まっているかのよう。その上はスキップフロアのDKスペース。縦の空間構成が面白みを感じさせる。

重厚なタガヤサンの床でシックなムードに仕上げたリビング。本格的なオーディオ機器と大画面のテレビを配し、休日には家族揃って映画鑑賞を楽しむことも多い。

キッチンは奥さまの好きなレモンイエロー色でまとめ、白い空間に華やかさを添えている。奥行きの広いカウンターと大きめのシンクはパーティーでも大活躍。

家の中心に位置するダイニングキッチンは、家族の団らんの中心でもある。タイルの床は掃除がしやすく、冬も蓄熱式暖房に暖められるので足元がぽかぽかと心地良い。

TOPへ